FXで資産運用を始めよう

>

初心者でもFXを始めて生活にゆとりを

資産運用ってどんなもの?

資産運用と一言で言っても色々な種類があります。
例えば「個人向け国債」も資産運用の一つです。満期まで継続することで投資金は返還されますし最低金利も0.05%と保証されていて安心ですが、ローリターンなのが特徴です。
その他に「株式投資」もあります。株式投資とは証券取引所に上場している企業の株を購入して投資することです。購入時よりも企業の株が上がったらその差額が利益となりますが、投資していた会社が倒産してしまった場合、利益がゼロになってしまうこともあります。
その他の有名なものでは「投資信託」があります。投資信託とは専門家であるファンドマネージャーに資金を託し、成功した場合に出た収益が投資家たちに分配され、それが利益となります。運用が失敗した場合は元本割れの可能性がありますし専門家が介在することで手数料も発生します。

FXとは?為替が変動する原因を抑えよう

資産運用の一つに「FX(外国為替証拠金取引)」があります。
FXは基本的に、外貨を購入し両替して得た収益が利益となります。例えば1ドル=100円で購入しその後円安となり1ドル=110円になった場合、差額の10円が収益となります。
反対に円高で90円となってしまった場合10円の損失となります。つまり外国為替レートの変動に左右されるのがFXなのです。
為替レートは日々変動しています。為替レートの変動理由は様々ですが、GDPの伸び率などに反映される経済の成長性や、金利、戦争や災害などの有事、政府の市場介入などが原因となることが多いです。
その為、為替相場に影響を与えることの多い金融政策、日本銀行総裁や財務大臣などの立場の人物の発言は日頃からチェックしておきましょう。


TOPへ戻る